Tedy

Tedy

Paprika

Paprika

パプリカの原産地は南米大陸。大航海時代にコロンブスが持ち帰り、ハンガリーで栽培品種が育てられ、南欧へ拡大しました。

私たちがよく目にするベル型の品種は、オランダの種苗会社によって開発され、世界中に広がりました。

日本へは1993年にオランダから初めて輸入され、現在では韓国やニュージーランドからも輸入されています。日本で消費されるパプリカの90%は輸入品です。

輸入品のパプリカは、遠く離れた海外から消費地に届くまで日数がかかるため、熟す前に収穫されます。当然、鮮度も低下します。

国産のTedyパプリカは、樹上で熟してから収穫します。しかも、収穫の翌日には消費地にお届けすることができます。だからTedyのパプリカは、甘く深い味わい、しかもシャキシャキ鮮度バツグンです。

continue >

赤色のパプリカは、トマト同様リコピンを多く含み、甘みに加えて少し酸味があります。

黄色のパプリカは、どちらかといえばサラッとした食味で、女性に人気があります。

オレンジ色のパプリカは、3色の中では一番甘みが豊富で、色のイメージ通りニンジン同様カロチンの豊富なパプリカです。

< previous